scroll down

結果発表 − RESULT ANNOUNCEMENT −

今回、初めての開催となりました「SLOW MOTION VIDEO AWARD 2016」は、日本国内だけではなく、世界各国から100を超える作品の応募がありました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
伊藤慎一郎(審査員長)、エレノア・ストライド、船津良平、江藤剛治の4氏による審査を経て、『最優秀賞』1作品、『サイエンス賞』1作品、『アーティスティック賞』1作品、『エンターテイメント賞』1作品が選ばれました。また、非常に多くの作品を応募していただいたため、惜しくも上記受賞を逃した作品の中から、審査員に好評だった作品を『佳作』として9作品選出させていただきました
本コンテストは、ハイスピードカメラによって撮影された魅力的なスローモーション映像を広く募集し、優れた作品を皆様と共有することで今後のスローモーション映像の可能性を広げていきたいと想い開催しています。
各賞の受賞作品とノミネートされた作品は、本サイト上で公開しておりますので、ぜひご覧ください。

最優秀作品賞 − EXCELLENT VIDEO AWARD −

Supersonic Soda Jet Phred Petersen

撮影速度 : 52,888fps

作品概要

A plastic soda bottle, pressurized with CO2 to approximately 350 kPa, was released from a toy water rocket launcher. A Schlieren system visualized refractive index gradients within the fow of gas escaping from the bottle, and the development of shock diamonds or Mach disks in the jet can be clearly seen. Colour was introduced with a three-filter mask at the light source.

講評

実験素材の選択、カラーシュリーレン技術、カメラの性能、タイミングが合わさり、すべてにおいて素晴らしい。身近なコーラ瓶が飾った宝石のようにも見えて、衝撃波を出しながらゆっくりと移動していく様子は第1回のSlow Motion Award最優秀賞に相応しい映像である。

サイエンス賞 − SCIENTIFIC VIDEO AWARD −

Senko-hanabi as Dancing Drops 井上 智博

撮影速度 : 1,000fps~100,000fps

作品概要

江戸時代から日本で広く親しまれている線香花火。これまで、どのように火花が飛び出し、分裂するのかが謎に包まれていました。応募者は、世界初の時間・空間解像した高速度映像を取得。その結果、線香花火の火花は液滴であり、火球表面にできた気泡の破裂によって液滴が飛び出すこと、そして、液滴が最大8回連鎖的に分裂することで松葉火花ができることがわかりました。本作品によって、数世紀にわたる謎の一端が明らかになりました。

講評

日本には手持ちの線香花火という夏の風物詩がある。夜空に大輪の花を咲かす花火とは違い、瞬時に咲く繊細で儚い花火であるがゆえに、その火花の生成については未解明であった。今回、微細な光量の元で顕微鏡サイズの対象をnanosecondレベルで撮影を行い、火花の生成を解明した。この撮影技術は高速度ビデオの常識を覆す驚嘆に値するものである。

アーティスティック賞 − ARTISTIC VIDEO AWARD −

shock wave kaleidoscope Harald Kleine

撮影速度 : 330,000fps

作品概要

This sequence shows the results of two experiments in which the interaction of a shock wave with a cylindrical obstacle placed a short distance in front of a wall was investigated. The shock wave first passes over the cylinder and then reflects from the wall. The process was visualised with a Mach-Zehnder interferometer, for which the resulting fringes represent lines of constant density. The first test was run with a monochromatic laser light source, while the second test used a white light source and produced polychrome fringes, each of which corresponds to a certain density value. Both visualisations depict highly complex but also beautifully symmetric patterns that evolve in a kaleidoscopic fashion.

講評

ショックウェーブの伝播があたかも万華鏡のごとく広がっていく様子を極めて高速度のカラー映像で撮った映像であり、CG映像と見間違えてしまうような鮮やかさ、美しさがある。

エンターテイメント賞 − ENTERTAINING VIDEO AWARD −

ロウソク/Candle experiment
同時落下/Simultaneous Fall 武捨 賢太郎

撮影速度 : 240fps

作品概要

【ロウソク】
ロウソクの火が消えると、白い煙が上がります。この煙は、気体の「ロウ」が冷えて小さな固体の粒になったものです。この煙にライターの火を近づけると、「ロウ」の粒がつぎつぎに燃焼し、最後には再びロウソクに火がつきます。
【同時落下】
高校物理では定番の力学実験です。2つの球を、1つは自由落下運動、もう1つは水平投射運動させます。同時に運動をはじめると、鉛直方向には全く同じ動きをすることが分かります。

講評

身近になった高速度撮影機材iphone7を使って科学の面白さを伝える教育的でエンターテインメント性の強い映像である。高速度カメラは今や特別なものではないことを知らしめる最高の映像となっている。

佳作 − FINE WORK −

スモークワイヤ法による翼列後流の可視化 澤田 耕二

撮影速度 : 7,200fps

作品概要

2枚の翼列の後流をスモークワイヤ法にハイスピードカメラを活用して可視化して観た。

光の風 橘 剛史

撮影速度 : 240fps

作品概要

移りゆくもの、儚さ、時の流れ。
見えない夜空の先の世界を表現しました。

against the flow 今城 晃治

撮影速度 : 240fps

作品概要

私は自然をテーマに撮影する事が好きです。自然の中でも滝は流動性が高く力強さがありテーマに適していると考えました。私が表現したかったことは、滝の躍動感をスローモーションで捉えること。また、滝が生み出すエネルギーに立ち向かう様です。人一人が生身で滝の流れに逆らうのはほぼ不可能です。しかし、どんな境地にも立ち向かう姿勢は捉えきれない世界を捉えようとするスローモーション撮影に通づるものがあると考えます。

怪獣だー!!! 岡本 愛子

撮影速度 : 240fps

作品概要

カフェスタッフ全員で何度も驚き続けました。
スローモーションめっちゃ楽しい!
愉快な店員がお待ちしております。
ぜひ2k540 IRONCAFeへ!

Laser induced cavitations and shock waves 河本 仙之介

撮影速度 : 240fps, 20,000fps, 5,000,000fps

作品概要

液体(シリコーンオイル, 1cSt)中に、パルスレーザー(波長: 532nm, パルス幅: 6ns)を集光し、発生する気泡を高速度撮影しました。3種類の撮影速度(240fps, 20,000fps, 5,000,000fps)で同じ現象を撮影し、撮影速度の違いによって観察できる現象が異なることをテーマにしました。撮影速度240fps, 20,000fpsではレーザー誘起気泡と気泡群の発生を確認しましたが、最高撮影速度(5,000,000 fps)では水中衝撃波(速度約1500m/s)の発生と伝播を確認しました。

In-situ megaframe-rate X-ray radioscopy of a high speed electrical fuse breaking Xavier Just

撮影速度 : 5,000,000fps

作品概要

Breakdown of an electrical fuse imaged with MHz hard X-ray radioscopy: the silver filament of a high speed fuse studied breaks under applied high current. As a detector the high-speed
visible light camera (Shimadzu HPV-X2) was lens-coupled to a LYSO:Ce scintillator.

Leidenfrost Droplets Phred Petersen

撮影速度 : 18,000fps

作品概要

Different liquids were dropped onto a metal surface, heated above each liquid’s boiling point, from a height of approximately 0.5m. Rather than wetting the hot surface, the droplets ride on a cushion of their own vapour as they spread, before breaking up in different ways, infuenced in part by the surface tension characteristics of each liquid.

Liquid Jellyfish and Piercing Drops Alexander L. Klein

撮影速度 : 20,000fps

作品概要

In this video we show the impact of a focused laser pulse onto a millimeter-size drop of dyed water. The drop’s life was recorded by a high-speed camera at 20 000 frames per second (FPS) with a continuous background illumination. We keep the focussing conditions of the laser constant but vary the laser energy. The fluid dynamics response can be quite different: at low laser energy the drop deforms into a jellyfish like shape, but more or less explodes after it is pierced at higher energies.

How to kick a knuckle shoot
High speed X-ray on soccer ball impact 浅井 武

撮影速度 : 1,000fps

作品概要

【How to kick a knuckle shoot】
プロサッカー選手によるブレ球(knucle shoot)のボールインパクト。足関節の中足骨部を中心に、押し出すようにインパクトすることによりボールの回転が抑えられ、不規則に揺れるブレ球が生み出されます。
【High speed X-ray on soccer ball impact】
サッカーにおけるボールインパクト時のボールと足部およびシューズの相互作用を世界で初めて可視化。足部のインパクト部位によって、シューズやボールの変形が大きく異なることが理解できます。